歯周病|北九州市若松区のなかしま歯科クリニック

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
休診日 水曜午後/土曜午後/日曜/祝日

なかしま歯科クリニック

0937714828

歯周病

歯周病とは

歯周病の主な原因は、歯と歯茎の間に付着したバイオフィルムと呼ばれる、細菌の塊です。その中に歯周病菌が繁殖し、歯肉の炎症を起こします。この状態を歯肉炎と呼びます。この歯肉炎から、さらに細菌が歯ぐきの溝(歯肉溝)の下に入り込み、歯の根の面から、歯茎が剥がれて、歯周ポケットと呼ばれる、歯ぐきと歯の境目の溝が深い状態を形成します。同時に、歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしていきます。歯槽骨が溶けた状態を、歯周炎と呼びます。

歯周ポケットが深くなると、歯ブラシだけでは汚れが取れなくなるため、歯周病菌がどんどん繁殖し、歯周病がさらに進行してしまいます。歯周病は、自覚症状に乏しく、気付かずに進行してしまうことがよくあります。早めに治療をすることで、歯を失ったりするリスクを減らし、予防していくことができます。

歯周病の原因と改善

歯周病は、原因が除去されなければ改善は見込めません。つまり、患者さん自身の日頃の歯のお手入れ(セルフプラークコントロール)が非常に重要となってきます。 当院では、患者さん個々に合わせた、ブラッシングの指導を行っています。また、歯周ポケットの改善のためには、患者さんご自身では除去できない、歯石(歯の汚れが固まったもの)を除去することが必要となります。

当院では、専用の器具などを用いて、歯周病の原因となっているバイオフィルムや、歯石を徹底的に除去するように心がけています。さらに、歯周病は、全体的な噛み合わせのバランスが壊れていくことで、さらに悪化してしまいます。歯周病治療は、その部位だけでなく、お口の中全体の改善が必要です。当院では、歯周病だけでなく、患者さんのお口の中全体をトータルで改善すること、そしてできる限り長期的に保つことを目指して治療を行っていきます。

歯周病になりやすい食べ物

  • 砂糖

    口の中の細菌が砂糖を栄養に歯の表面にネバネバしたプラーク(歯垢)を形成します。このプラーク(歯垢)に嫌気性菌が付着し、歯周病をより悪化させます。
     

  • 柔らかい食べ物

    調理加工された食物は軟らかく、自浄性が悪く、歯の表面に停滞しやすいです。細菌にとって最高の栄養分であり、すみ家になりやすく歯周病の原因になります。

  • 飲酒

    歯肉の血管に影響を及ぼし、歯周病にかかりやすくなります。喫煙が辞められない方でも、少しおさえるだけで歯周病の改善に効果があるとされています。
     

こんな症状のある方は歯周病かもしれません

  • 歯肉の腫れや出血

  • 歯と歯の間に隙間がある

  • 口が臭う

  • 口の中がネバネバする

  • 冷たい物がしみる

  • 物を噛むと痛みを生じる

歯周病治療について

スケーリング
スケーラーという歯科用器具で歯周病菌の巣となる歯石の除去を行います。軽度の場合は、歯石の除去だけでほとんど完治します。
ルートプレーニング
歯周ポケット(歯と歯肉の間の隙間)の奥深いところにある歯石や感染した部分を徹底的に除去し、表面が滑らかになるように仕上げます。
歯周外科治療
歯周病が中度以上に悪化すると、外科処置が必要になります。患者様の症状や歯周組織の状態に応じて手術を行います。
再生療法
(エムドゲイン)
手術中、歯の根に歯科用の薬剤(エムドゲインゲル)を塗り、骨の再生を促す方法です。

歯周病の症例紹介について

before

 

after

 

before

 

after

定期検診(メインテナンス)について

歯周病は、生活習慣の中で最も関連しているのは食事です。まずは生活習慣の見直しが歯周病にならないための第一歩と言えます。
また、ストレスを出来るだけ溜めないで、生活のリズムを整え、免疫力の低下を防ぐことも大切です。

また、定期的に歯科医院に通ってご自宅でのブラッシングでは落とせない汚れをキレイにクリーニングをして、永く健康な状態を維持できるようにしていきましょう。

ページトップへ戻る