義歯・入れ歯|北九州市若松区のなかしま歯科クリニック

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
休診日 水曜午後/土曜午後/日曜/祝日

なかしま歯科クリニック

0937714828

義歯・入れ歯

義歯・入れ歯とは

歯が抜けてしまった時の治療法として古くからあるのが「入れ歯」による治療です。種類も「部分入れ歯」、「総入れ歯」などがあります。

歯科治療には、各々特徴やメリット・デメリットがありますが、その中で最もリーズナブルで、且つ短い治療期間で出来るのが義歯・入れ歯です。

義歯・入れ歯の種類

  • 部分入れ歯

    部分入れ歯は、失った歯の大きさに合わせて作ります。失った歯の大きさに合わせて作らないと、元の場所に入りません。
    そのため、歯と歯の間にある隙間に大きさを合わせ、調整しながら仕上げます。

  • 総入れ歯

    総入れ歯とは、歯が上顎または下顎に1本も無い無歯顎の時に用いられる入れ歯のことを指します。最近では、入れ歯の技術も進歩し、総入れ歯にも様々なタイプが存在します。
     

  • ノンスクラプデンチャー

    従来の入れ歯にある金属の連結部分やバネの無い入れ歯で、従来の金属部分と床の部分が同じ素材で一体化されているため非常にシンプルで軽くて弾力性があり、破折に強い素材でもあります。
     

  • 磁性アタッチメント

    歯の根っこと被せる入れ歯に磁石をはめて、磁力でピタッと固定します。 見た目も美しく安定感があります。磁石ですので、取り外しやお手入れが楽な入れ歯です。
     

  • 金属床入れ歯

    床の部分が金属で加工されている入れ歯のことです。入れ歯を薄くすることが出来るため、患者様の負担を減らせます。プラスチックのたわみも抑えることができ、耐久性にも優れているため、快適に使用することが出来ます。

  • 自費の入れ歯

    自費の入れ歯は、主に金属とプラスチックの材料で作ります。特徴としては、しっかり噛めて、口の中で動かない設計にできることです。床と床をつなぐ連結子を薄い金属にできます。薄い金属の連結子を使用することにより、違和感が少なく、食べ物をおいしくいただけます。また、人工歯の色や形、床の色の見た目をよくすることができます。完成まで通院が必要で、費用がかかります。
     
     
     
     
     

自費の義歯・入れ歯はこんな利点があります
  • 保険義歯のバネ(クラスプ)のようにバネ(クラスプ)そのものがないため、保険義歯のバネ(クラスプ)のように金属部分が目立たない
  • 磁石を使用することで、義歯の大きさを小さくすることができる
  • 口蓋(上顎の裏側)をくり抜くことができ、発音しやすい
  • 割れにくい材質や、金属を使用することで、入れ歯が割れにくい
  • 金属を使用することで、厚みをかなり減らすことができ、違和感が少なくなる
  • 咬み合わせや適合などをより精密に作製することができる
  • 義歯の安定感が増し、固いものでも食べれるようになる

ページトップへ戻る